プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメションの原則⑥について
 アニメーションの原則のご紹介もようやく中間に差し掛かりました。
今回はアニメションの原則⑥です。

カテゴリー⑥スロー・インとスロー・アウト(両端づめ)
 
あるカットのイラスト原画(「極めの絵」エクストリームと言う)をアニメーターの皆さんがきちんと書き直し、最高の状態に仕上げてしまうと、アニメーターは当然それを観客に見せたいと考えます。
1枚のキーになる原画(キー・ドローイング)から次の原画へ素早く進むようにタイミングを取り、そのカットの大部分の絵(イラスト)が「極めの絵」そのものか、それに近いものばかりになるようにするのです。
 
それぞれの原画のの近くに中割り(動画)をつめて配置し、中割り(動画)はスロー・インとスロー・アウトと名づけられました。この手法を
使うと、アクションが機械的になり、そもそもの狙いだったキャラクターの生命感が失われてしまうが、この手法が発見されたおかげで、タイミングや演出の手法が洗練されていくことになったのです。


ウォルト・ディスニーは、アクションを詳しく分析し、生き物の体の動き方を理解するよう、アニメーターに求め続けました。リアリズムと言う抽象化というウォルト・ディズニー、彼の狙いを達するには・・・ブログランキングお願いしまぁす!

 ウォルト・ディズニーの狙いを達成するにはそれしか方法がありませんでした。そうするしかなかったのです。
「誠実さが感じられる作品をつくるためには、事実を基本にしなければならない。傑作コメディーは、必ず事実を基礎にしている。」と言いました。
 
 『よそから(ディズニーアニメーション制作会社以外)移ってきたアニメーターは、ディズニーのスタッフをを見て「動作のメカニズムにここまで興味を持つのかと驚いた」と言ったが、この独特のアプローチは私たちの作品(ディズニーアニメーション)の核をなしていた。』マーク・デイヴィス(ディズニーアニメーターの1人)は、こう言っています。
 
ディズニーアニメーションはとにかく独特だった。外から来た者は、ディスニー作品の本質を完全に理解するまで、ディズニーのキャラクターを描くことはできない!』


 このことを知って僕はディズニーアニメーションのレベルの高さを、更に実感しました。やっぱりディズニーアニメーションはすごい!
ブログランキングお願いしまぁす!

        こちらもよろしくです!
              ↓     
 無料でフリーの高品質イラスト・写真・ホームページ素材 イラストレーターが完全手書き
 
 無料ホームページ素材・フリーイラストなどイラストレーターオカサンタ

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/103-ed4bb7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。