プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメーションの原則⑧副次アクション・後編!
 こんにちは!前回、アニメーション制作の技法の8つ目のカテゴリー
副次アクションについてお話しましたがその後編です。

アニメーションの原則⑧副次アクションについて後編。
前回の通り、キャラクターの表情の方が副次アクションになることもあ
ります。キャラクターが顔をそむけて涙をぬぐうという動作をするとき
傷ついた表情から打ち沈んだ表情に変わるとします。

ココで危険なのは、表情が目立たずに終わってしまうこと。観客に見て
もらいたい一番の部分が目立たずに観客はその部分を感情輸入できずに
終わってしまうことです。


 こうした表情の変化は、主要なアクションの『前』か『後』に置き、
たとえ2次的な意味しかなくても、はっきり分かるように演出しなければ
なりません。主要なアクションの半ばでおきる変化は見逃されやすいの
で、狙った効果が上がらなくなるのです。
 

Zzz・・・


 上のイラスト(絵)は、ディズニーのアニメーター:エリック・ラーソン氏作の『ピノキオ』のカットの一部です。
ベッドで眠るフィガロ(『ピノキオ』に出て来る子ネコ)。
彼の肩、腕、脚と毛布はそれぞれ独立して動きながらも対立することなくこのカットの見どころを支えて豊かにしています。



 あるアニメーターは、体のすべての部分を適切に連携させるために、
積み木』という手法を考え出しました。

 
 まず、いちばん重要なアクションを完全に作画し、自分の狙い(観客に一番見せたい部分)が最も強く伝わる絵(イラスト)になっていることを確かめます。

 次に、同じカットを副次アクションを考えながら描きなおし、必要で
あれば、その2つのアクションと他の部分を連携させるために2度目の
描き直しをします。
(アクションか長いと気が遠くなるような作業です。)
 そうやって、絵のすべての部分が自然な形で調和するまで修正し続けます。(気が狂いそうですね汗)

 どんな場合でも、最初にサムネイル(流れを見るための小さなスケッチ)を描くことが重要なのです。(何をやるにも計画を立ててと言うことですね!)
 
 演出が完璧で、あらゆる部分が望み通り説得力のある絵(イラスト)
になっていることが、確認できるまでは、そのサムネイル(小さなスケッチ)で作業を進めていく方法がとてもよいのです。

 副次アクションは、正しく使えば、
カットを豊かに、
アクションを自然にし、
キャラクターの性格に奥行きを与えてくれるのです。
 

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/111-d70266b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。