プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメーションというメディアとキャラクターの重要性
 前回、キャラクター自身が考える表情の変化の重要性についてお話しました、その続きです。

 アニメーションというメディア

 ディズニーアニメーターたちがキャラクター自身が考える、表情の変化によって示すことの重要性に気づいたとき、そのアイデアは、演技の原則について考えているときに偶然生まれました。 
 
 それは、アニメーションというメディアを最大限に活かして、自分たちが観客に見せたいものを見せる方法でした。アニメーターたちは、絵の中で2つの表情の変化による最も極端な表現を作り出そうと、長いこと実験を続けてきました。

ブログランキングお願いしまぁす!


 これに関しては、ウォード・キンボール氏が一歩、先を行っていましたが、フレッドの絵(イラスト)もいい動きをしていました。フレッド氏は極端な動きといったものは、考えませんでしたが他人の絵(イラスト)にそれを見つけると非常に感心しました。

 アニメーターのアルバート・ハーターは、スリーピー(ねぼすけ)が大口をあけてあくびする絵(イラスト)を描いたが、フレッド氏は、そういうものを見ると、自分の絵(イラスト)に採り入れ、もとの絵(イラスト)以上にうまく仕上げたました。

 このようにスタジオのアニメーター全員が一眼となって、時には自分の意見を取り入れたりしてスタジオ内は、活気にあふれていました。

ブログランキングお願いしまぁす!

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/160-03ed5cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。