プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッド氏が変えてしまったミッキー、ウォルト氏の反応・後編
 ★フレッド氏が初代ミッキーをアレンジしたウォルト・ディズニーの反応!後編
 
 フレッド氏がアレンジ(アピール、魅力的なキャラクターに)したミッキーをウォルト・ディズニー氏に話せずに見せる、試写の日が来てしまいます。その問題の映像(フレッド氏がアレンジしたミッキー)を見てウォルト・ディズニーは、『映写機を止めろ!』と命じます。というところまでお話しましたね。

 ウォルト・ディズニー氏自ら考え出したキャラクターをフレッド氏は勝手に根本からアレンジしてしまい、今もそうですが、普通なら、自分の作品を勝手にいじられるという好意は、ケチを付けられたのと一緒です。

 フレッド氏は、その間、ウォルト・ディズニー氏の行動を『ビクビク』しながらこっそり横目で見ていて、とても生きた心地がしませんでした。
 
 ウォルト・ディズニー『映写機を止めろ!』と命じました。そして、そのカット(映像)を普通に見たり、逆回しにしてみたりしました。
 
 その間、フレッド氏は、心臓が止まりそうでした。映写室の中にいたスタッフ(アニメーターたち)は、ウォルト・ディズニー氏の行動に『ハラハラ、ドキドキ』ロシアンルーレット状態、ウォルト・ディズニー氏も問題の映像(カット)をいろいろな方法で集中して見ていて無言でした。言葉は一切交わされませんでした。映写室の中は、映像の音以外静まりかえっていました。
 
 そして映写機を止めウォルト・ディズニー氏は、フレッド氏の方を『グッい』と向いて・・・

ブログランキングお願いしまぁす!
  
 ウォルト・ディズニー氏は、フレッド氏の方に顔を向け、片方の眉を下げてこう言いました。

 『これからは、この方法でミッキーを描くことにしよう!』

 ウォルト・ディズニー氏は、フレッド氏が自分のミッキー(作品)を勝手にアレンジしたことなどの怒りを、忘れてしまうほどそのカットの中のフレッド氏のアレンジしたミッキーの映像そのものが、自分の描いたミッキーよりはるかに存在感があり、キャラクターとしての魅力を兼ね備えていたことを認めました。
 
 ウォルト・ディズニー氏にとっては、自分の代表的キャラクターをここまで魅力的な存在にしてしまった、フレッド氏に対して『一本取られた・・・くやしい・・・でも素晴らしい』という意思表示で顔の片方の眉を下げたのだと思います。

 威厳や自分の地位、そんなもの関係ない!いいものは、いいと素直に認められるウォルト・ディズニー氏は、とても素晴らしい方だと思いますね。

 次回は、横道にそれてしまいますが、これにチョット似ている日本の、いや世界的に有名な漫画家、手塚治虫氏と石ノ森章太郎氏の漫画界の巨匠のあまり知られていないエピソードをお話します。

ブログランキングお願いしまぁす!
 

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/168-c7457255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。