プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーアニメーション『白雪姫』の制作でのビル・タイトラ氏
 ディズニー『白雪姫』ビル・タイトラ氏のキャラクター作り

 1934年から1936年の3年間ストーリーを固められていたディズニー初の長編アニメーション『白雪姫』のストーリー(物語)の制作会議で、キャラクターについて話し合ったときにビル・タイトラ氏の発言からは、キャラクターがどう反応するかを決定するために、ビル・タイトラ氏が内面の感情と気分を追求していたことがわかります。
 
 七人の小人、一人ひとりに特有な姿態があるべきだというほかのスタッフの意見に対して、ビル・タイトラ氏は頑固に同じにするべきだと主張し続けました。 
 キャラクターの見た目や姿態に違いを出すためには、気分と性格を理解しなくてはならないというのです。

 
           ビル・タイトラ氏作『白雪姫』ドック(せんせい9

 
 アニメーター:ビルタイトラ氏―『白雪姫』七人の小人のドック(せんせい)
 『白雪姫』にたずさわったアニメーターたちは、ドックの考えていることを理解し、そのおかげでこの尊大な姿態を生み出すことができたのです。
ブログランキングお願いしまぁす!


 1936年11月17日に会議でディレクター権ストーリーマン(脚本家)のパース・ピアース氏はこの問題についてビル・タイトラ氏の知恵を借りています。

 ビル・タイトラ氏『ドック(先生)のポーズは何かに対する反応だ。ドック(せんせい)がこれからしようとしていることに対する反応で、そうじゃなければただの絵(イラスト)になってしまう。ドック(せんせい)は仲間に何が起きているのか説明する役目を担っているから、その資格のあるなしに関わらず、リーダーシップをとる急にそんな態度になるんだ。
 
 あわてていて、何を言っていいのか分からず、それでも何か言おうとする―フランスの田舎の村長みたいな態度だな。グランピーがドックを
動揺させる。

 
 ドックは落ち着きを取り戻して、失地回復を図る。ココまでのところ、癖やジェスチャーに関しては僕らが何かをするチャンスはない。

 ―会議中に相手に反応するジェスチャーに関してはね。ドック(せんせい)に体かかせたり、髭をいじらせたりする機会はない。ココまではセリフののやり取りがあるだけだ』と語っています。

ブログランキングお願いしまぁす!


テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/195-0769cefb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。