プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー天才アニメーター:ビルタイトラ氏のミス
 こんにちわ。長々と記事をお休みしてしまってすみません。

ディズニー天才アニメーター:ビルタイトラ氏のミス

ディズニーアニメータ-最強といえどもミスはつき物
 
 前回までのお話通しした通り、ビル・タイトラ氏はキャラクターの見た目や姿態に違いを出すためには、気分と性格を理解しなくてはならないということを理解していました。『白雪姫』を制作する段階での七人の小人では七人の小人の1人ドック(せんせい)は、一つのキャラクターとしてまとまっていたものの、ビル自身、ミスを犯してしまうこともありました。

 以前、お話しましたが、ビル・タイトラ氏の作品のキャラクターには、パワーと力強さ、情感と内面の気分、ペーストと深く感動的な瞬間で際立っていましたが、どんな天才でも、所詮人間、完璧な人なんていないのです。ビル・タイトラ氏も例外ではありませんでした。
ブログランキングお願いしまぁす!


 前回、ご紹介したビルタイトラ氏の発言で、ビル・タイトラ氏は
『白雪姫』の七人の小人のドック(せんせい)がこの種の状況でどのように演技すべきかを非常に分かりやすく説明しました。

 
 ウォルト・ディズニー氏のスエットボックスのメモを見ると、ビル・タイトラ氏が、ドックのあわてた気持ちを表すタイミングや気持ちとセリフの関係についてミスを犯したことがありました。『白雪姫』の七人の小人のドックは自分のいい間違いを予期しているように見えますが、それは、ビル・タイトラ氏、自らのミスでした。
ブログランキングお願いしまぁす!

 
コメント
ほっしゃんさんへ
 あの~オカサンタの知っている方ですかだとしたら・・・やっとコメントしていただきましたか~オカサンタが灰色の脳(単)細胞で考えるにミクシーをやったらとんでもないことになりそう(汗)
 少し考えます・・・
[2007/06/14 10:51] URL | オカサンタ #EBUSheBA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/196-42fa439b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。