プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・タイトラ氏のディズニーキャラクター『ダンボ』
 前回までお話したことでビル・タイトラ氏がいかにアニメーションの中のキャラクターが何を考え行動する(アクション)かを明確に理解しなおかつ、キャラクター自体を大切につくり上げていた事が分かると思います。

 ビル・タイトラ氏が描いたディズニーキャラクター、その中でも最も感動的だったものが『ダンボ』です。
      ディズニーアニメ『ダンボ』

 ダンボが水浴びをするシークエンス(構成)は、ビル・タイトラ氏の自分の息子がバスタブで遊んでいるのを見たときにひらめきを受けて描いたといわれています。

ブログランキングお願いしまぁす!

 ビル氏は、卓越した認識力によって、現実世界で目にしたものの精神をアニメーションに応用することに長けていました。ビル氏のドラフツマン(設計画家)としての力はこの部分で頂点を極め、赤ちゃん象のダンボが母親の周りをふざけて走り回るところでは、アクションの何を強調すべきかについての優れた分析が見られます。

 しかし、それらすべてを貫いている最も重要なテーマは、ビル・タイトラ氏のキャラクターに対する愛情というものの説明しがたい性質であり、彼のアニメーションはそれを見事にとらえています。

ブログランキングお願いしまぁす!

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/201-812762ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。