プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在のディズニーアニメに継がれているビル・タイトラ氏の信念
ビル・タイトラ氏のことを詳しくお話して分かる通り、ビル・タイトラ氏は、平凡なアニメーション、キャラクター、イラストには我慢なりませんでした。自分の作品をよくしたかったら、観察と研究によって自分のキャラクターを他と違うユニークなものにする努力をすべきだと考えたのです。

お決まりのやり方に頼っているのは、いい加減なアニメーションだ。そういうものは、全く観察に基づいていない。アニメーターの中には、自分が観察したものでなく、他のアニメーターがやったことを覚えていてそれをアニメートするアニメーターもいる。(ビル・タイトラ氏)

 そんなのは、お決まりのやり方を記憶してコピーしているだけだ。それは、キャラクターたちが性格の違いに関わらず、全員同じように歩き、走り、動く漫画映画(アニメは、昔からアニメイティッド・カートゥーンを略して『カートゥーン』(cartoon)と呼ばれてきました。日本でもある時期まで『カートゥーン』(cartoon)を漫画映画と称していました。)によく表れている。そういうことをアニメーターは、それぞれの性格のことや、キャラクターと性格をアクションやリアクションを描く分けることを全く考えていない。

 ビル・タイトラ氏は、アニメーターが担当していたカットに興味をもてないからと言っていい加減な仕事をするのを許しませんでした。アニメーターの責任に関するビル・タイトラ氏のアドバイスは、今現在のディズニーアニメーションになっても語り継がれています。

 アニメーションというだけで幼稚だとか子どもの見る映像、テレビなどと思う方もいらっしゃると思いますが、作り手は、どれだけ大変な努力をしているかが伺えたと思います。
ブログランキングお願いしまぁす!

 新しいリンクをくませて頂いておりますサイト様をご紹介します。
 インターネット入門ポイントサービス
 ブログを始められた方は、必見です。是非ご覧ください(^○^)/
 

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/212-63a28dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。