プロフィール

オカサンタ

Author:オカサンタ

ご訪問ありがとうございます!
職業:雑用(主流かも)、イラストレーター
出身:千葉県

めちゃイケの記事をコツコツアップして参ります。

カテゴリー

オカサンタ愛用のサービス

オカサンタが自信を持ってオススメするインターネットサービスです。ご質問はコメント欄でお受けできます(^^)

アニメ イラスト 時かけ

最近の記事

携帯電話用QRコード

QRコード

通勤通学のお供に、オカサンタブログで話題の吸収をどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

めちゃイケお笑い番組評論&アニメケロロ軍曹イラスト等)
めちゃイケお笑い番組評論(フジテレビナイナイのめちゃめちゃイケてるの徹底評論とその他人気お笑い番組の解説。最近はアニメのほうに偏りすぎです(汗)マニアックネタと情報であなたも話題の中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー・デップ、スウィーニー・トッド■フリート街の悪魔の理髪師DVDついに発売!
こんにちは。オカサンタです。梅雨入りで、雨、曇り、雨、おまけに蒸し暑くて憂鬱になってしまいますね。
 さてみなさん、ついに出ました!ジョンニー・デップさんの最新映画でゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞をとった「SWEENEY TODD THE DEMON BARBER OF FLEET STREET」(スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師!
 
 ジョニー・デップと言えば、パイレーツ・オブ・カリビアンがとてつもなく印象的ですが、「チャーリーとチョコレート工場」そして「スリーピー・ホロウ」でとてつもなく印象的な監督ティム・バートンさんとジョニー・デップさんの2人の名コンビ?がスリーピー・ホロウのようなホラーサスペンス+ミュージカルといえる映画です。これまでの映画と違って、ミュージカル映画と言った方がいいでしょう。そのせいもあってか、この発売されたDVDは、日本語吹き替えがまだ存在していません。プロの声優さんでもアフレコで、ミュージカルのレベルの高い歌声をすぐに出せるワケがないからだと思います。またミュージカルとして作られているため、場面ごとに主演しているジョニー・デップさんをはじめとして、歌を歌う場面が目立ちます。オカサンタは、ミュージカルと言うものを見たことがないので(汗)最初は戸惑いましたが、さすがすぐに、映画の中に入っていけました。

 
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)
(2008/06/11)
ジョニー・デップヘレナ・ボナム=カーター

商品詳細を見る


 原作がスティーブン・ソンドハイム氏のブロードウェイ・ミュージカルです。1960年代が舞台なのですが、原作者がいた当時のロンドンなどでは猟奇殺人が頻繁に起こっていて、古い書物には、何人もの殺人鬼の名前が出てきます。小説家達は、こぞって似たような物語を作り、本として出していました。実際にスウィーニー・トッドといいう人物がいたは、ミステリーですが、理髪店を経営している店主が殺人鬼だったと言うこは現実にあるそうです、当時のロンドンでは、見知らぬ路地裏を歩くとミンチにされると言われるほど恐れられていました。とにかく、ミュージカルというわけもあり相当訓練した出演している俳優、女優さんの歌声は、とても素晴らしいものでうっとりしてしまいます。主演されている方がユダヤ系の俳優、女優さんが目立ちます。とてもりりしい顔つきでうっとり。

 特に注目してほしいのが、最初にスウィーニー・トッドに殺されてしまうインチキ理髪師ピレリの役をやられたサシャ・バロン・コーエンさんです。(注:オカサンタはほもではありません)このスウィーニートッドのミュージカルそして歌すべてにおいて、地元でも有名な才能の持ち主です。ロケ中に、町の家の屋根うえで優雅にバイオリンを弾いたりして場を和ませていたそうです。監督も含め、あとで撮影しておけば良かったと公開しているくらいです。今までのティム・バートン監督の作品とひと味もふた味も違い、復讐鬼、悪魔と呼ぶにふさわしいジョニー・デップの演技はさすがです。細々と貧しい理髪店をしていたにも関わらず、美しい妻と子供と一緒に幸せに暮らしていたスウィーニー(ジョニー・デップ)しかし、それを見ていた判事が妻ほしさに、無実の罪をきせて、幽閉し、遠い島に流されたスウィーニー・トッド、彼の怒りと憎しみ、憎悪は、脱獄し、ロンドン、フリート街に再び戻ってきます。復讐鬼として・・・。

髭がのびてますよ。このオカサンタにお任せを・・・。

テーマ:ハリウッド・セレブ・ニュース - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
さくらさんへ
この頃、頻繁にコメントありがとうございます。

ご覧になってくださる方に不愉快な記事を載せてしまったことをお詫びします。記事は失礼ながら一部分だけ消去させていただきました。

ブログは、見てくださる方のたとえば仕事から帰ってきてみてストレス発散?や疲れを忘れさせてくれるようなものでないといけないと振り返り思いました。

さくらさんはオカサンタの状況をよく知るのでいいかもしれませんが、全く知らない方が見たらとても嫌なグチが出てしまいました。

本当にすみません。これからは楽しい記事と情報(もう少し短編的に)でみなさんをお迎えいたします。

それでは。


[2008/06/14 15:15] URL | オカサンタ #JalddpaA [ 編集 ]

あぶないですよ
オカサンタさんあぶないですよ。この記事!完全にトラウマスイッチが入ってしまっていますね(汗)

わたしは、スウィーニー・トッドは、映画館で見ました。大画面の迫力は映画でしかできないことですね!

確かに自分にイヤなことがあると、それがとてつもなく強烈なことだとそのことをずっと抱え込んでしまうことって良くあると思いますが、わたしは、時が解決してくれるきれい事を言うつもりはないけれど、人を許す勇気!は必要とよくいうではありませんか・・・。

いつまでもそれを背負って生きていてもつまんないしね。

昔にすんだことを今になっても加害者側に嫌がらせをすることは、何かしら今の自分自身に不満があり、八つ当たりしていると言う心理学上の例もあります。

オカサンタさんの場合には、解決もせず謝罪さえなく隠蔽されたことが悔やみきれなくてという感じですかね。

まあ、謝罪や反省のない人間は、ほっとくのが一番です。

がんばです!!!
[2008/06/12 19:13] URL | さくら #NkOZRVVI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fitmugen1130.blog78.fc2.com/tb.php/377-ae1f8419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。